アパート経営のメリット・デメリット

アパート経営にはメリットもありますが当然デメリットもあります。
まずはデメリットをしっかりと認識し、それらをカバーできる知識と対策が必要となります。
デメリットをカバーできれば、メリットへと変換することも可能になります。

では、アパート経営のメリット・デメリットとはどういったものがあるのでしょうか。
一番に思い浮かぶのは家賃収入だと思います。
毎月家賃収入が入るので、万が一の際には、不労取得として活用することができます。
しかし、入居者がいなければ家賃収入はゼロになってしまいますので、借金などをしてアパート経営を始めた場合は、家賃収入以外でカバーしなければならなくなります。

他にもアパート経営をすることで相続税、固定資産税、所得税の3つの節税対策をすることができるメリットがあります。
また、アパートやマンションを購入し賃貸経営するには特別な資格は必要ないので、副業としてもおすすめです。

サラリーマンの方は会社で副業が禁止されている場合が多いのですが、そもそも給与収入と家賃収入は別物なので、サラリーマンの方が大屋さんになっても副業としては扱われません。
アパート経営にはメリット・デメリットがありますので、どうすればデメリットをカバーすることができるのかをよく検討してみなければなりません、